2023年12月及び2023年分の有効求人倍率について


2024-02-1     フェリクシード Career , indeed


2023年12月及び2023年分の有効求人倍率が発表されました。
※厚生労働省が2024年1月30日に発表した「一般職業紹介状況(令和5年12月分及び令和5年分)について」による数字になります。

有効求人倍率(季節調整値)

1.27
前月比0.01ポイント低下

新規求人倍率(季節調整値)

2.26
前月と同水準

正社員有効求人倍率(季節調整値)

1.00
前月比0.01ポイント低下

有効求人(季節調整値)

前月比0.2%増

有効求職者(季節調整値)

前月比0.5%増

新規求人(原数値)

前年同月比3.3%減

産業別の新規求人(原数値)

学術研究,専門・技術サービス業(2.4%増)
医療・福祉(1.3%増)
製造業(10.5%減)
生活関連サービス業,娯楽業(8.4%減)
情報通信業(7.7%減)

都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)

・就業地別 最高:福井県(1.94倍)、最低:大阪府(1.06倍)
・受理地別 最高:福井都(1.77倍)、最低:神奈川県(0.89倍)

 

令和5年平均の有効求人倍率

1.31
前年比0.03ポイント増加

令和5年平均の有効求人

前年比0.9%増

令和5年平均の有効求職者

前年比1.4%減

 

参照:一般職業紹介状況(令和5年12月分及び令和5年分)について